CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ブリトラ依存症
ブリトラ依存症 (JUGEMレビュー »)
ブリーフ&トランクス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< All the Clips | main | これで納得!会社設立 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
伝わるWeb文章デザイン100の鉄則
様々なブログで取り上げられています。ブログ運営者の必読書?
この手の本は「ホームページで伝わる日本語―アクセスアップのためのやさしいWeb文章入門」を持ってますが、こっちの方も購入してしまいました……(^^;

伝わるWeb文章デザイン100の鉄則
伝わるWeb文章デザイン100の鉄則
出版社/著者からの内容紹介
ここ数年、ウェブサイトやウェブログ(ブログ)などで個人が文章を表現する機会が格段に増えてきている。ただ、ウェブの世界はまだ歴史が浅く、文章表現のルールが確立していないので、「ここはどう書いたらよいのか」と頭を抱えることも多いだろう。  法人サイトや商用サイトでも、企画から執筆、校正までをひとりまたは少人数で担当することが少なくなく、「文章の質の向上」に充分な時間を割けないこともある。だが、たとえば商品の説明文のわかりやすさは売上に直結するか ら、「魅力的で読みやすい文章を、いかに効率的に書くか」はとても大切なポイントになる。  また、Googleなどの検索エンジンの精度は日進月歩で向上しており、タイトルなどの形式面だけでなく、ページ上のひとつひとつの文章を細かく分析した上で、検索結果を表示するようになってきている。検索エンジンからの集客という点でも、「ユーザビリティの高い文章デザイン」がいっそう求められている。  本書は「文章の改善こそが最大のアクセスアップ法だ」というコンセプトのもと、文章の基本ルールから効果的なレイアウト法、魅力的な文章の書き方、文章の信頼感を高める方法、文章系コンテンツの書き方、校正の仕方まで、ウェブでの文章表現を実践的・網羅的に解説した本だ。 【技術編】では「ウェブ標準に準拠したユーザビリティの高い文章デザインのルール」を、【表現編】では「たくさんの人に読んでもらえる文章の書き方」を、さらに【応用編】では「メールマガジン」に焦点を当てて、テーマの決め方や見やすいレイアウト法を説明している。サンプルやイラストを多数盛り込んで丁寧に解説しているので、今日からでもすぐに実践することができるだろう。  本書がウェブ制作者やメールマガジン発行者の「文章表現」の悩みを少しでも解消し、質の高い文章を書くのに役立てば幸いである。
| | 16:10 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 16:10 | - | - | pookmark |
コメント
今年購入した中で満足度が高かったベスト3に入ります。目から鱗がいっぱいで、まじで勉強になりました。
| わだ | 2004/12/24 12:45 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gachikon.jugem.cc/trackback/119
トラックバック